子持ちの離婚の場合

子持ちの離婚の場合

離婚する夫婦の間に子供がいた場合、離婚話が長引く事が少なくありません。 子供がいる場合は、まず、親権、監護権をどちらが持つのかから決めていく事が必要です。親権と監護権の違いは、まず、親権の場合、子供に関するすべての権利を持つ事になります。そして、その親権の中に含まれている監護権のみを取り出し、監護権をどちらか一方に与え、子供を養育していく事も可能になっています。
例えば、子供の財産などすべてを管理する権利、親権を父親が持ち、一方で、仕事が忙しく、子供の面倒を見る事ができないと言う理由で、日頃一緒に暮らしを共にする事ができる権利として、監護権を母親が持つといった場合が多くなっています。これらは、法律で認められている権利でありながらも、実際、親権の事しか知らない人も多いかと思います。この両者の権利があると言う事を知っているのと知らないとでは、子供を育てて行く環境も異なってくるかも知れません。その為、子持ちで離婚する場合は、親権の他にも監護権と言うものがある事を知っておく事が大切です。
その他、子供の養育費、子供に会う事ができる面会交流権においても、法律で認められている立派な権利です。その為、子供と一緒に暮らす事になった親は、相手に養育費の請求を行い、また、子供と離れて暮らす事になった親は、子供に会う事の出来る面会交流権の請求を行う事が必要です。